読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本地震

どうも、洋にぃです!

熊本地震に関しては、もうこれでもかというくらいに皆さんが記事を書かれているとは思います。

facebook等でも、かなりの方々が記事を投稿したり、シェアしたりしていましたが、少し落ち着いてきたようなので、このタイミングで、ちょっと書いてみようかと思います。

僕は熊本市内に兄一家が住んでいます。

地震発生のニュースが飛び込んできた時、すぐに熊本に電話を入れましたが、繋がりませんでした。

兄は今、単身赴任で鹿児島にいるので、兄の携帯にも電話を入れましたが繋がりません。

それから母にも電話を入れ、熊本の安否が確認出来たら、すぐに連絡を貰うよう頼みました。

結局、連絡が取れたのは翌日のは昼でした。
熊本にいる姪っ子が怪我をしたとの事でした。

幸い、重傷ではなかったので、一安心でしたが、その後も終わる事ない余震に怯え続け、精神的にかなり傷を負ってしまいました。

facebookなどで、個人的に支援物資を募り、現地に向かうという方々もたくさんいました。

勿論、賛否両論ある事も分かっているという旨は書かれていましたが、僕はやはり『?』でした。

僕も今すぐにでも熊本に向かいたかったです。
大切な姪っ子が心配でたまりません。

しかし、僕は控えました。

結論から言うと、やはりあの直後の状況で、個人が被災地に向かうべきではないと思います。

個人が向かう事で、公的に救助や支援に向かう車に迷惑をかけてしまう事、そして支援物資などは、それこそ企業や公的な機関が動けば、物量的には完全に事足りるからです。

勿論、指定避難場所になっていない被災地の方々に、物資が行き渡っていないという話も、現地に住む友人から聞いてはいました。

実際に、そういう地域に向かった人達は、現地の方々が本当に喜んでくれたとも言っていました。

ただ、それについても、たくさんの方々が一斉にやってしまえば、当然、現場が混乱してしまいます。

やはり、我々、一個人が出来る一番の支援は『募金』だと思います。

ここから、また以前の生活を取り戻す為には、莫大な費用がかかりますし、とにかくお金が必要なんです。

そして、被災された方々の心のケアです。

姪っ子の話でも書きましたが、やはり災害を経験された方々は、その恐ろしい体験が心に深く突き刺さり、トラウマのように、ずっと残ってしまいます。

そういった心のケアが、今後、金銭的な支援と同様に絶対に必要になってきます。

僕の友人の、ヨガ講師やセラピストの人達も、異業種ながら、代表で1人が声を掛け、一斉にみんなが反応し、先日、現地へと向かい、避難所で生活している方々のケアに行きました。

こういう、精神的な部分で人を救える可能性を持った人達が、最も現地へ行くべき人達だと思います。

とにかく、我々、一個人は、少しでもいいので、募金をする事。

それが、一番の『支援』なのでは?と思います。

妖精を見た!(笑)

お題「誰にも信じてもらえない体験」

以前の某ブログ時代にも、お題というモノがあったのですが、『わざわざお題貰って、それについて書くのもなぁ…書くことないなら無理に書かなくてもいいかな…』などと、ブロガーを気取っていたのですが、今回は完全に乗っかります(笑)


うん、これラクだね(*´╰╯`๓)♬(笑)


という訳で、『誰にも信じてもらえない体験』ですが、僕は以前、【妖精】を見た事があります(笑)

見たというか、遭遇したというか…

あれは10年前くらいの事です。

当時、僕は実家に住んでいました。

音楽の専門学校を卒業して、地元に帰ってきたのですが、学生の頃に僕が使ってた部屋は、弟の部屋になっていて、帰ってきても僕の部屋が無い…という話になり、当時、祖父が自分でこしらえた『物置』というか、いわゆる『納戸』のような場所があり、そこのモノ達を整理して、ベッドやテレビを置けば、まぁとりあえず部屋として使えるのではないか?という事になり、少し改装して部屋としてつかう事になったんです。


とはいえ、祖父のお手製なので、まぁ作りが荒い事!(笑)

天井には穴が空いてるし、雨漏りはエグいし、雨漏りというか、もはや普通に部屋に雨降ってましたね(笑)

なんとなく『気持ち悪いなぁ』という感覚は常にあり、よく金縛りにもあってました(^_^;)

ちなみに、金縛りにあった時に、あの〜あれ何ですっけ?

デスノートに出てくる死神みたいなヤツ…

えー…

アレです←出てこない奴(笑)

アレみたいな怪物を見た事があります(笑)


まぁそんな事もあり、『これは早めに出ていった方が良さそうだな…』と思ってたんですが、そんなある日…

夜中までテレビを見ていて、『そろそろ寝ようかな』と思い、布団を掛けようと足元に手をやろうとした瞬間‼︎


ん⁉︎…

何かいる…


一瞬、目を疑いましたが、そこには、ホントにちっちゃいちっちゃい可愛らしい女の子が、ちょこんと立っていました。


よく見ると、僕に何かを言っています。


『…そ…ほ』


ん⁉︎


『…そほ』


ん?何?

『あ…そ…』


あっ‼︎遊ぼか‼︎


その女の子は、今でもハッキリと覚えてるのてますが、身長は30センチくらいで、前髪パッツンの目はクリクリとしていて、ハーフのような本当に可愛い女の子でした。

僕を見てニッコリと笑っています(^-^)


明らかに人間とは違う事は分かるのですが、不思議と穏やかな気持ちになっていました。


女の子は相変わらずニッコリと微笑みながら、『遊ぼ』と言っています(^-^)


僕は、どうすればいいか判断に迷いましたが、『今日はもう遅いから遊べないよ?じゃあ、また明日、今日より早い時間においで?そしたら一緒に遊べるよ?』と言いました。


そしたら、その女の子は、またニッコリと微笑んで、スーッと消えていきました。


翌日、僕はかなり早く帰宅して、女の子を待ち続けました。


しかし、女の子は現れませんでした…

あの時、何故遊んであげなかったのか、今でも少し後悔しています…


あの子は、誰だったのか…

妖精だったのか…

今では知る由もありませんが、不思議な不思議な体験でした。

祝‼︎開設☆

ついに‼︎というか、やっと‼︎というか、はてなブログを始める事になりました♪

私、洋にぃと申します。

以前は某ブログで、『洋にぃのグイテンブログ 〜自分を愛せば何でも出来る♪〜』というタイトルで、読者の皆さんの毎日が、明るく・楽しく・元気になる方法をお伝えさせて頂いておりました(^-^)

そのブログがきっかけで、「お話し会」という講演をさせて頂いたり、FMラジオ局で、『洋にぃのグイテンradio』という番組のパーソナリティーを務めさせて頂いておりました(^-^)

その後、某ブログは訳あって放置状態となっていたところ、友人からのススメで、このはてなブログさんへやって参りました♪

もう随分、前から友人に『洋にぃは、絶対はてなブログが向いてるよ‼︎』と勧めて貰ってたのですが、有難いことに本業の方がバタバタとしていて、やっとこさ、このはてなブログの準備が整った次第であります。(準備も何もただ書けばいいだけやろ笑)

あっ、そうそう、本業は、飲食店を経営しております♪

某ブログ時代は、お店の絡みもあって、中々、全部が全部正直にに書けない部分もあり、でも、元々、僕はちゃらんぽらんな、いい加減な人間なんです(^_^;)

まさに『いい加減は良い加減』を地で行くようなタイプでして…

なので、何のしがらみも無くなった今!笑
好き勝手に色々な事を書かせて頂こうと思っております‼︎

某ブログの時は、前述した、ある種、自己啓発的なモノ以外に、日常にありがちな光景を題材に、読者の方々に判決を決めて貰う『裁判シリーズ』や、物語の結末を読者の方々に決めて貰う『迷宮シリーズ』といった、ミニ小説的なモノも書いていたんですが、手前味噌ですが、それらがかなり御好評頂いていたので、それをまた復活させてもいいかなぁなんて思っています♪

まぁ、でも読者さんがいなければ、完全に独り言になってしまうので、最初の頃はボチボチとやっていけたらと思っています。

あまり、『テーマ』をがっつりとは決めずに、まさしく独り言のように、思った事や感じた事を、ただ綴っていこうとは思っているので、どうぞお手柔らかにお願い致します(笑)

ちなみに、以前はガラケー?と言われる携帯でブログを書いていて、それに関しては、『女子高生より俺のが文字打ち早いな‼︎』などと、多少のイキりも入っていたんですが、先日i phone6sプラスに変えてしまった為、文字打ちが鬼のように遅くなってしまいました(^_^;)

とにかく、のんびりとやっていきますので、よろしくお願い致します(^-^)